仙台市の不動産売却で注意すること

不動産売却は、なかなか思うようにいかないと言われています。

買うよりも売る方が難しくなってきているので、自分が思っている金額で売れた時はラッキーと言うしかありません。

家や土地を売る時に、知っておくと良いとされることを挙げておきましょう。

【自分の物件を知っておく】

不動産売却する時は、その物件の特徴をある程度知っておくようにしましょう。

特に土地の場合は物件と登記内容が違うことがあるのです。

法務局で公図を取り、境界や土地の形状を知っておきましょう。

【ローン支払いが終われるか】

不動産売却では、ローン支払いが終われる金額で売ることが大切です。

売却代金と自己資金を合わせてもローン支払いが終わらない場合は不動産を売ることができません。

ローンが残っていると抵当権がついているのですが、抵当権が残ったまま売ろうとしても、買う側が買おうとしませんからローンは完済することが売却の条件です。

【査定価格で売れるとは限らない】

仙台市でも、中心部だと査定額は高めになると思います。

査定価格そのままで売れると思いがちですが、そうではありません。

あくまでも査定ですから、「売れそうな価格」として出されるもので、交渉次第ではそれより下がる可能性があります。

【その地域に強い不動産会社を選ぶ】

仙台市で不動産売却を考えているなら、その地域に強いとされる不動産会社を探すと良いでしょう。

口コミを参考にしたり、近所での評判を聞いてみるなどして後悔しない不動産売却をしましょう。